カードローンは複数申し込める?

法律の規定に縛られる可能性あり

消費者金融などのカードローンを複数申し込むこと自体は法律で禁止されているわけではないので、何枚でも申し込むことは可能です。ただし利用可能額の総額は法律の規定によって定められており、申請時に依頼した利用可能額が減額される可能性があります。自分がどれくらいの利用可能額を持てるかは信販会社の公式サイトなどで確認できるので、事前に調べておく方が良いです。すでにカードローンやクレジットカードを所有している場合も同様で、法律で決められている利用可能額からすでに所有している消費者金融カードローンやクレジットカードの利用可能額を差し引いた額が申請可能な額となります。
ただし銀行カードローンは法律の対象外なので、銀行が認めればいくらでも利用可能です。

短いタイミングで申請しよう

複数申し込むことは可能ですが、申し込むタイミングもポイントです。金融機関は申し込みがあると信用情報登録機関に申し込み履歴を登録します。登録するタイミングは金融機関によってマチマチで、申請された時点で信用情報登録機関に登録する金融機関もあれば、審査に通過して1週間後に登録する金融機関まで様々です。なぜタイミングが重要かというと、金融機関によっては連続申し込みをするということは、お金に困っていると判断し不良再建になる可能性を考えて、審査を否決する割合が非常に高くなるからです。そのためどうしても複数のカードローンを申請するのであれば、できるだけ短いタイミングで申請する事が、大切なポイントになります。

© Copyright Card Loan Payment. All Rights Reserved.