返済に困ら無い為のカードローン利用上の注意点

無理のない借入をすること

カードローンはとても便利なものですが、金利が高いという弱点もあります。銀行カードローンでも、住宅ローンに比べると、10倍以上の金利が設定されていることもあります。
しかし、住宅ローンのように数千万円もの高額な融資を受けるものではないので、無理のない借入をしていればそれほど心配することもありません。なるべく10万円~50万円くらいの小口の融資を受けるようにしておきましょう。
無理のない借入というのは人によって異なり、アルバイトの人は50万円くらいでも返済が苦しくなってしまうことがあります。逆に、年収1000万円くらいの人は200万円くらいを借りても半年くらいであっさりと完済してしまえることもあります。

追加融資を受ける時は注意

カードローンで危険なのが、追加融資です。最初はだれもがしっかりとシミュレーションをして、無理のない金額を借りる傾向がありますが、慣れてくると自信をつけて、シミュレーションをせずに追加融資をしてしまうようになります。限度額50万円のカードローンを持っていたら、追加融資を受けているうちに20万円、30万円、40万円と借入残高が増えていってしまうという人がいます。それだけで返済が苦しくなることは少ないですが、クレジットカードを何枚か持っていて、そのショッピング枠リボ払いの負担も合わせると、かなりの負担になってしまうこともあります。
カードローンは毎月の負担が小さいため、収入に見合わない借入をしてしまっていても気づくのが遅れてしまう傾向があります。定期的にシミュレーションをしなおすようにしておきましょう。

© Copyright Card Loan Payment. All Rights Reserved.