カードローン審査申し込み前に準備すべきものとは

顔写真付きの身分証がない場合は複数の証明書を用意する

カードローンの審査に申し込む前に、どういったものを用意しておくと手続きをスムーズに進められるでしょうか。まず、カードローン会社のホームページをチェックして、必要な身分証明書があるか確認しましょう。運転免許証を持っていればまず大丈夫ですが、顔写真付きの身分証を持っていない場合、保険証と住民票など、複数の証明書の提示を求められる可能性が高いです。
次に、別のカードローン会社から既にお金を借りている場合、何社からいくらぐらい借りているのか、計算してまとめておきましょう。なぜ、この作業が必要になるのかというと、審査の申込書に記入項目があるからです。実は、申込者が現時点でどれぐらいのお金を借りているのか、カードローン会社は信用情報会社を通じて把握できるので、でたらめな数字を記入してしまうと不誠実だということで審査に悪い影響をもたらす可能性があります。

個人事業主の場合は収入の状況がわかる書類を用意する

会社員や公務員ではなく、個人事業主としてどの団体にも所属せずに働いているという場合は、収入の状況がわかる書類を探しておきましょう。カードローン会社が提出を求める可能性のあるものとしては、最新の確定申告書、もしくはクライアントから送られた最新の振り込み明細書が挙げられます。確定申告書は、税務署の判が押されているものでなければなりません。申告書を税務署に提出する際、税務署から控えとして受け取ることができるので捨てないようにしましょう。
また、それほど多くはないですが、まれにカードローン会社から保証人をつけるようにいわれることもあります。そのとき慌てて探さなくても済むように、誰に頼むかある程度考えておいた方がいいでしょう。

© Copyright Card Loan Payment. All Rights Reserved.